가슴の意味:胸
韓国語
韓国語辞書(ケイペディア)
     
カテゴリー ホーム  >  > 身体名詞韓国語能力試験1・2級
読み方 가슴、ka-sŭm、カスム
類義語
例文・会話
가슴이 아프다.
胸が痛い。
너무 기뻐서 가슴이 두근거린다.
うれしさのあまり胸がわくわくする。
환자의 가슴 사진에서 폐렴이 진단돼 치료 중이다.
患者の胸の写真から肺炎と診断されて治療中である。
머리로 상대방을 이해하려 하지 말고, 가슴으로 상대방을 느껴봐.
頭で相手を理解するのではなく,心で相手を感じて欲しい。
사람 가슴에 생채기 낼 만한 얘기는 하지 말자.
人の胸に擦り傷ができるような話はやめよう。
사고 소식을 듣고 가슴이 철렁했다.
事故の知らせを聞いて、どきっとした。
가슴을 졸이며 합격자 발표를 기다렸다.
気を揉みながら合格者発表を待った。
요즘은 가슴을 저미는 슬픈 드라마가 인기이다.
最近は胸に染みる悲しいドラマが人気だ。
뜬금없이 가슴이 먹먹해지면서 눈물이 흐를 때가 있습니다.
急に胸がいっぱいになってきて涙が出ることがあります。
그 노래를 듣는데 가슴이 먹먹해지네요.
あの歌を聴いてて胸が詰まったような感覚になります。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
가슴살(カスムッサル) ささみ
가슴(ネンガスム) 気を揉むこと
가슴(ワンガスム) 巨乳
가슴골(カスムコル) の谷間
가슴둘레(カスムドゥルレ) 回り
가슴쓰림(カスムッスリム) やけ
가슴앓이(カスマリ) 焼け、心が痛いさま
가슴살(タッカスムサル) 鶏の肉、鶏ささみ
오르가슴(オルガジュム) オーガズム、オルガズム
가슴앓이(カスマリ) 痛、の気
처진 가슴(チョジンカスム) バストアップ
가슴확대술(カスムファクテスル)
가슴이 타다(カスミタダ) が焦がれる
가슴에 묻다(カスメ ムッタ) に納める
가슴을 앓다(カスムル アルタ) を痛める、思い悩む
가슴을 열다(カスムルヨルダ) 心を開く
가슴이 넓다(カスミ ノルタ) 心が広い
가슴을 치다(カスムル チダ) 後悔する、悔しがる、を打つ
가슴에 품다(カスメ プンタ) に抱く
가슴앓이하다(カスマリハダ) を痛める
가슴을 펴다(カスムル ピョダ) を張る、を開く
가슴에 닿다(カスメ タッタ) に響く、を打つ、身に染みる
가슴이 뛰다(カスミ ティダ) がどきどきする、がときめく
가슴을 조이다(カスムル チョイダ) ひやひやする、気を揉む
가슴을 태우다(カスムル テウダ) 焦燥する
가슴 확대수술(カスム ファクッテススル) 手術
가슴이 찡하다(カスミ チンハダ) を打たれる、泣きそうだ、感動だ
가슴이 설레다(カスミ ソルレダ) 心が騒ぐ、わくわくする
가슴이 뜨겁다(カスミトゥゴプタ) が熱い、とても感動する、情熱的だ
가슴이 떨리다(カスミトルリダ) 緊張する、興奮する
가슴이 아프다(カスミ アプダ) が痛い
가슴이 쓰리다(カスミッスリダ) が焼ける、心が痛い
가슴에 찔리다(カスメッチルリダ) 呵責を感じる、良心がとがめる
가슴에 새기다(カスメセギダ) に刻む、心に刻む、記憶する
가슴이 터지다(カスミ トジダ) が張り裂ける
가슴을 앓다(ネンガスムル アルタ) 一人で思い悩む、一人で気を揉む
가슴을 저미다(カスムル チョミダ) に染みる、心に染みる、を痛める
가슴이 벅차다(カスミ ポクチャダ) がいっぱいになる
가슴을 울리다(カスムル ウルリダ) を打つ、に迫る
가슴에 맺히다(カスメ メチダ) にこびりつく、心にこびりつく、心に刻まれる
< 前   次 >
印刷する
  • 家族・親戚
  • 恋愛・結婚
  • 人を表す
  • 人間関係
  • 感情・判断
  • 性格・態度
  • 能力
  • 身体
  • 生理現象
  • 外見・容姿
  • 人生と生死
  • 人物
  • 身体の韓国語単語

  • 골수(骨髄)
  • 흰머리(白髪)
  • 손바닥(手のひら)
  • 힙(ヒップ)
  • 몸집(体つき)
  • 기관지(気管支)
  • 팔(腕)
  • 코(鼻)
  • 귓밥(耳くそ)
  • 뻐드렁니(出っ歯)
  • 위장(胃腸)
  • 안면(顔面)
  • 정강이(すね)
  • 페니스(ペニス)
  • 사랑니(親知らず)
  • 손목(手首)
  • 타액(唾液)
  • 문신(入れ墨)
  • 가슴(胸)
  • 직장(直腸)
  • <一覧を見る>
    Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
    Copyright(C) 2017 kpedia.jp All Rights Reserved. お問合せ