韓国語・ハングルで「会いたい、あいたい、見たい、ポゴシプタ」の意味と読み方
韓国語
韓国語辞書(ケイペディア)
     
 
カテゴリー ホーム  >  > 恋愛・結婚
読み方 bo-go sip-da、ポゴシプタ
意味 会いたい、見たい
「見たい」と「会いたい」
直訳では「보다(見る)」+「싶다(したい)」=「見たい」。

意味は大きく分けて2通りである。
①「見たい」の意味
친구의 새로운 차가 보고 싶다.
友達の新しい車が見たい。

②「会いたい」の意味
남자친구를 빨리 보고 싶다.
彼氏に早く会いたい。

②の場合は만나고 싶다(マンナゴシプタ)ともいう。
만나다は「会いたい」という意味。
「会いたい」を気持ちを込めて言う
久しぶりに会えたときや、「会いたかった」と気持ちを込めていう表現としての「会いたかったです」は「ポゴシポッソヨ(보고 싶었어요.)」。ため口であれば、「ポゴシポッソ(보고 싶었어)」。誇張して伝えたいときは「チョンマル(정말)」や「マニ(많이)」などを、前につけていうとよい。
恋愛のシーンでの「会いたい」
しばしば、韓国人との恋愛のシーンで「보고 싶다(ボゴシプタ)」が「会いたい」という意味で使われることが多い。しかし「(何かを)見たい」という場合にも日常的にこの言葉を使うため、韓国語を学び始めた頃にはこの言葉を聞いたからといって、勘違いしないよう特に注意が必要である。「会いたい」という意味での「보고 싶다」は友達同士でも頻繁に使うので、この場合は恋心があるのか見極めることも必要である。

보고 싶다(ボゴシプタ)は「会いたい」「見たい」という意味だが、そのまま言葉を発すると、独り言という語感がある。恋人同士、友達同士で「会いたい」というときは「보고 싶어(ボゴシポ)」というとよい。例えば、電話で連絡を取り合うカップルが電話口で「보고 싶어(ボコシポ)」と言う姿は想像しやすいだろう。まだそれほど親密な関係でない場合は「보고 싶어요(ボゴシポヨ)」という。
ドラマやK-POPの「会いたい」
ドラマや流行歌のタイトルにも登場する。「会いたくて」の意味の「보고 싶어서(ボゴシポソ)」や「会いたい」という意味の「보고 싶다(ボゴシプタ)」という題目や歌詞は多い。キム・ボムス(김범수)が歌うドラマ「天国の階段」の主題歌は「보고 싶다」。

2012年11月~2013年1月に韓国MBCで放映されたパク・ユチョン、ユン・ウネ主演のドラマのタイトルも「보고 싶다(ボゴシプタ)」である
例文・会話
요즘 너무 보고 싶고 그리워요.
最近、とても会いたくてさびしいです。
다음 주말에 또 만나고 싶어요.
来週末また会いたいです。
당신을 보고 싶어 미치겠어.
あなたに会いたくてたまらない。
보고 싶었어요.
会いたかったわ。
너를 보고 싶어서 다음 주 금요일에 한국에 가기로 했어.
君に会いたいから来週金曜日に韓国に行くことにしたよ。
재밌는 영화 보고 싶어요.
面白い映画が見たいです。
구미가 당기는 업무를 해보고 싶다
興味がわく業務をしてみたい。
‘내년에도 또 해보고 싶다’는 생각이 절로 들었다.
「来年もまたやってみたい」と自然に思うようになった。
이번에 1등을 해서 아버지가 즐거워하시는 얼굴을 보고 싶다.
今回、一等になってお父さんが嬉しがる顔をみたい。
저 사람과 사귀지 않아도 되니까 적어도 이야기는 해 보고 싶다.
あの人と付き合えなくてもいいから、せめて会話をしてみたい。
< 前   次 >
印刷する
  • 家族・親戚
  • 恋愛・結婚
  • 人を表す
  • 人間関係
  • 感情・判断
  • 性格・態度
  • 能力
  • 身体
  • 生理現象
  • 外見・容姿
  • 人生と生死
  • 人物
  • 恋愛・結婚の韓国語単語

  • 정열(情熱)
  • 진심(真心)
  • 신혼여행(新婚旅行)
  • 성교(性交)
  • 데이트(デート)
  • 뽀뽀하다(チューする)
  • 결혼 운(結婚運)
  • 장가가다(男性が結婚する)
  • 블랙데이(ブラックデー)
  • 안다(抱く)
  • 천생배필(天生配匹)
  • 웨딩카(ウェディングカー)
  • 조강지처(糟糠の妻)
  • 참사랑(真実の愛)
  • 천생연분(天が定めた縁)
  • 중매결혼(お見合い結婚)
  • 너 때문에(お前のせいで)
  • 반하다(惚れる)
  • 간통죄(姦通罪)
  • 나이트클럽(ナイトクラブ)
  • <一覧を見る>
    Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
    Copyright(C) 2017 kpedia.jp All Rights Reserved. お問合せ