김동윤の意味:キム・ドンユン
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム
キム・ドンユン
名前: キム・ドンユン (きむどんゆん、Kim Dong-Yoon)
ハングル表記: 김동윤 (キム・ドンユン)
生年月日: 1980年 8月 30日
身長/体重: 182cm
血液型: A
学歴: 국민대학교 대학원(国民大学校大学院)
職業: 俳優
事務所: パランビョルメディア 
デビュー: ドラマ『サンドゥ、学校へ行こう』(2013)
出演ドラマ:
『サンドゥ、学校へ行こう』(2003)、
『拝啓、ご両親様』『ドキドキチェンジ』(2004)
『山向こうの南村には』『トキメキ 恋するセンチョリ村』(2010)
『星も月もあなたへ』『大王の夢』(2012)
出演映画:
『画用紙』『泣いてもいいですか?』(2007)
『2度の結婚式と1度の葬式』(2012)
経歴と略歴:
ミュージックビデオの制作スタッフの仕事をしていたが、突然キャンセルした出演予定者の代役として参加したことがきっかけとなりデビューした。2003年のドラマ『サンドゥ、学校へ行こう』でデビュー。その後は舞台やモデルなどを多数経験し数々のドラマにも出演していたが、それほど有名ではなかった。2007年には『山向こうの南村』でデビュー。2010年のドラマ『トンイ』では沈雲澤(シムウンテク)役で登場し、ようやくブレイクすることになった。
  
印刷する
Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
当サイトに関してお問合せ
Copyright(C) 2020 kpedia.jp All Rights Reserved.