서지석の意味:ソ・ジソク
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム
ソ・ジソク
名前: ソ・ジソク (そじそく、徐芝釋、Seo Ji-seok)
ハングル表記: 서지석 (ソ・ジソク)
生年月日: 1981年 9月 9日
身長/体重: 182cm
血液型: B
事務所: S&Kエンターテインメント 
ウェブサイト: Cyworld 
出演ドラマ:
『私の恋人、誰だろう』(2002)、『アイルランド』(2004)、『ミスターグッドバイ』、『明日に向かってハイキック』(2006)

『愛の選択~産婦人科の女医』、『グロリア』(2010)、『manny(マニー)~ママが恋したベビーシッター』、『恋の一撃ハイキック』(2011)、『ジャガイモ星』(2013)
出演映画:
『弓』(2005)、『泣いてもいいですか』(2005)、『絶対の愛』(2006)、『その女、その男の内部事情』(2013)
経歴と略歴:
ソ・ジソクは中高生時代に陸上選手だったが、事故によりその道を断念。その後はCMモデルを経て、2001年のドラマ『愛しなさい希望なしに』でデビューを果たす。その後ドラマでは『アイルランド』や、映画ではキム・ギドク監督の『弓』や『絶対の愛』にも出演していた。

2006年の最高視聴率40%超のドラマ『19歳の純情』ではヒロインのク・ヘソン구혜선)の上司であり、相手役となる財閥の御曹司役として出演。この作品でブレイクを遂げ、KBS演技大賞で新人賞を獲得した。その後、軍隊に入隊し、2009年の『愛の選択~産婦人科の女医~』でドラマに復帰した。彼の出演した様々な作品は日本でも公開されており、ファンミーティングも開催されている。

演技力にも定評があり実力派と称されるだけでなく、バラエティー番組にも出演して人気を集めている。プライベートでは2013年5月に、5歳年下のフローリストと結婚した。
  
印刷する
Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
当サイトに関してお問合せ
Copyright(C) 2020 kpedia.jp All Rights Reserved.