김명민の意味:キム・ミョンミン
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム
キム・ミョンミン
名前: キム・ミョンミン (きむみょんみん、金明民、Kim Myung-Min)
ハングル表記: 김명민 (キム・ミョンミン)
生年月日: 1972年 10月 8日
身長/体重: 180cm / 70kg
血液型: AB
学歴: 서울예술대학교 연극과(ソウル芸術大学演劇科)
職業: 俳優
事務所: MMエンターテインメント 
デビュー: SBS第6期公開採用タレント
出演ドラマ:
『男大冒険』(1996)、『父と息子』(1999)、『お熱いのがお好き』、『怒った顔で振り返れ』(2000)、『花よりも美しく』(2003)

『不滅の李舜臣』(2004)、『不良家族』(2006)、『白い巨塔』(2007)、『ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~』(2008)、『ドラマの帝王』(2012)、『改過遷善』(2014)
出演映画:
『鳥肌』(2001)、『鏡の中に』(2003)、『スタントマン』(2004)『リターン』(2007)、『無防備都市』(2008)、『私の愛、私のそばに』(2009)、『破壊された男』(2010)、『朝鮮名探偵』(2011)、『ペースメーカー』、『ヨンガシ』、『カンチョプ(スパイ)』(2012)
経歴と略歴:
キム・ミョンミンは1996年にSBS6期タレントとしてデビュー。2000年には青春ドラマ『お熱いのがお好き』に出演、2001年の『鳥肌』で初主演を飾った。当初は助演としての出演機会が多かったが、2004年のKBSの歴史ドラマ『不滅の李舜臣』で主役を任されることとなり、ドラマとともにブレイクすることとなった。

2006年には人気俳優たちとともに『不良家族』に出演。2007年の『白い巨塔』では財前五郎にあたるチャン・ジュニョク役を演じて話題となり、演技力が評価されることになった。2008年には『ベートーベン・ウィルス』では指揮者役として出演し、2年連続の人気ドラマ出演となった。その後も様々なドラマや映画に出演し続け、演じる役柄も多様だ。
  
印刷する
Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
当サイトに関してお問合せ
Copyright(C) 2021 kpedia.jp All Rights Reserved.