왕빛나の意味:ワン・ビンナ
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム
ワン・ビンナ
名前: ワン・ビンナ (わん・びんな、Wang BitNa)
ハングル表記: 왕빛나 (ワン・ビンナ)
生年月日: 1981年 4月 15日
身長/体重: 170cm
血液型: A
学歴: 중앙대학교 연극영화과(中央大学演劇映画科)
職業: モデル、俳優
事務所: WILLエンターテインメント 
ウェブサイト: 韓国公式サイト 
デビュー: 『継母』(2001)
出演ドラマ:
『継母』(2001)、『雪だるま』(2003)
『彼女は最高』(2003)、『新・若草物語』(2004)
『愛・共感』、『神様、お願い』(2005)
『愛しのおバカちゃん』(2006)
『ファン・ジニ』(2006)、『メリーテグ攻防戦』(2007)
『ママはシンデレラ』(2007)
『チュンジャさん!-恋のお祭り騒ぎ』(2008)
『恋愛マニュアル~まだ結婚したい女』(2010)
『鉄の王キム・スロ』(2010)、『男を信じた』(2011)
『深夜病院』(2011)、『愛もお金になりますか』(2012)
『それでもあなた』(2012)、『マイ・ラブリー・ブラザーズ』
『ウララ・カップル』(2012)、『おバカちゃん注意報~ありったけの愛~』(2013)
『二人の女の部屋』(2013)
『悪賢い離婚女』『ヒーラー』(2014)
出演映画:
『2424』(2002)、『Run2U』、『浪漫刺客』(2003)
『チェロ ホン・ミンジュ一家殺人事件』(2005)
『スパイ』(2012)
経歴と略歴:
ワン・ピンナは、2001年に韓国通信ハンミールモデル選抜大会を経て、同年のドラマ『継母』でデビューを遂げた。当初は「ウジン」という名前で活動していたが、「王に輝く」という意味でイム・ビンナとなった。

映画にも出演しながら『神様お願い』や『愛しのおバカちゃん』などドラマを中心に活躍。彼女がブレイクしたのは、2006年のドラマ『ファン・ジニ』のブヨン役で、この作品でKBS演技大賞の助演賞を受賞。

2007年の『ママはシンデレラ』で初主演を演じた。2012年の『欲望の仮面』では夫を奪う悪女を演じて注目される。プライベートでは2007年にプロゴルファーのチョン・スンウと結婚。2009年、2015年にそれぞれ男児を出産した。グラビアモデルとしても活躍している。
  
印刷する
Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
当サイトに関してお問合せ
Copyright(C) 2020 kpedia.jp All Rights Reserved.