임정은の意味:イム・ジョンウン
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム
イム・ジョンウン
名前: イム・ジョンウン (いむ・じょんうん、Lim JungEun)
ハングル表記: 임정은 (イム・ジョンウン)
生年月日: 1982年 3月 31日
身長/体重: 163cm
血液型: O
学歴: 수원대학교 연극영화학과(水原大学演劇映画学科)
職業: 俳優
事務所: マネージメント具 
ウェブサイト: Cyworld 
デビュー: 『大望』(2003)
出演ドラマ:
『大望』(2003)、『弁護士たち~あなたに捧げる罪~』(2005)、『雲の階段』(2006)、『グラウンドゼロ』(2007)、『みずがめ座~AQUARIUS~』、『風の国』(2008)、『太陽をのみ込め』(2009)

『ミヘギョル~知られざる朝鮮王朝』(2010)、『女が二度化粧するとき』(2011)、『赤道の男』『ガラスの監獄』(2012)、『ルビーの指輪』(2013)
出演映画:
『ひとまず走れ!』(2002)、『セックス・イズ・ゼロ』(2002)、『愛しているから大丈夫』(2006)、『宮女[クンニョ]』(2007)、『私の愛』(2007)、『音痴クリニック』(2012)
主な歌:
『ランプの妖精』(2007)、『狂ってないよ』(2007)
経歴と略歴:
イム・ジョンウンは、2002年に映画『ひとまず走れ!』でデビュー。2006年の『雲の階段』では、純粋なイメージを持ちながらも、ヒロインの恋敵になるというシニ役を演じて注目され、次に出演した映画『愛しているから大丈夫』で初主演に抜擢された。彼女の清楚な印象からは90年代に活躍した俳優、シム・ウナにたとえられるが、彼女自身の演技力も評価されている。

2012年の『赤道の男』ではチェ・スミ役を熱演、2013年の『ルビーの指輪』ではイ・ソヨンと正反対の性格をもつ姉妹の役柄を演じた、2014年に一般人男性と結婚し、2015年に第1子となる娘を出産した。
  
印刷する
Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
当サイトに関してお問合せ
Copyright(C) 2020 kpedia.jp All Rights Reserved.