남보라の意味:ナム・ボラ
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム  > 芸能 > 韓国俳優・女優
ナム・ボラ
名前: ナム・ボラ (なむぼら、Nambora、Nam Bo Ra)
ハングル表記: 남보라 (ナムボラ)
生年月日: 1989年 11月 27日
身長/体重: 165cm
血液型: B
学歴: 동덕여자대학교 방송연극학과(同徳女子大学放送演劇学科)
職業: 俳優
事務所: ショーブラザーズエンターテインメント 
ウェブサイト: 韓国公式サイト Twitter Cyworld NAVER BLOG 
デビュー: 『日曜日日曜日夜に』(2005)
出演ドラマ:
『笑った顔で振り向け』(2006)、『私の人生の黄金期』
『ロードナンバーワン』、『ワンスポンアタイム』(2010)
『栄光のジェイン』(2011)、『太陽を抱く月』(2012)
『サメ~愛の黙示録』『愛してもいいんじゃない』(2013)
『ずっと恋したい』(2013)、『私の心、キラキラ』(2015)
出演映画:
『最後の晩餐』(2008)、『高死 2番目の話:教生実習』(2010)
『悪魔を見た』(2010)、『サニー永遠の仲間たち』(2011)
『母なる復讐』(2012)
『日曜日日曜日の夜に』(2005)
『人間劇場(12番目の子どもが生まれました)』(2008)
経歴と略歴:
ナム・ボラは2005年のバラエティー番組で、男8人、女5人の13人兄弟の2番目の子として知られ、話題になった。ドラマデビューは2006年に『笑った顔で振り向け』。それ以後、端役として出演していたが大きな評価を得ることはできなかった。彼女が大きく注目を集めたのは2012年の『太陽を抱く月』で主演のキム・スヒョンの妹のミンファ姫役を熱演したことで、これを機に演技力が認められるようになった。

2013年『サメ~愛の黙示録』ではキム・ナムギルの妹役として出演、『私たち恋したい』では25歳のシングルマザー役、2015年の『私の心、キラキラ』では主演を務め、オ・チャンソクとキスシーンを演じるなど今後の活躍にも期待がかかる若手女優だ。
< 前   次 >
印刷する

韓国俳優・女優関連の韓国語

  • 오승은(オ・スンウン)
  • 박미영(パク・ミニョン)
  • 안성기(アン・ソンギ)
  • 전진(チョンジン)
  • 이정현(イ・ジョンヒョン)
  • 송선미(ソン・ソンミ)
  • 이영은(イ・ヨンウン)
  • 유이(ユイ)
  • 찬성(チャンソン)
  • 이열음(イ・ヨルム)
  • 이보영(イ・ボヨン)
  • 김지우(キム・ジウ)
  • 장동건(チャン・ドンゴン)
  • 이아현(イ・アヒョン)
  • 배슬기(ぺ・スルギ)
  • 강성연(カン・ソンヨン)
  • 박용하(パク・ヨンハ)
  • 윤진서(ユン・ジンソ)
  • 수현(スヒョン(ユリエル))
  • 이진(イ・ジン)
  • <一覧を見る>
    芸能
  • 韓国芸能一般
  • 韓国俳優・女優
  • K-POP歌手
  • K-POP用語
  • 韓国ドラマ用語
  • 韓国ドラマ作品
  • TV 番組
  • 芸能事務所
  • コンサート
  • ファンミ
  • ミュージカル
  • 映画用語
  • 時代劇用語
  • 日本作品
  • Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
    当サイトに関してお問合せ
    Copyright(C) 2019 kpedia.jp All Rights Reserved.