봉태규の意味:ポン・テギュ
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム
ポン・テギュ
名前: ポン・テギュ (ぽんてぎゅ、bong-tae-gyu)
ハングル表記: 봉태규 (ポンテギュ)
生年月日: 1981年 5月 19日
身長/体重: 176cm
血液型: A
学歴: 명지대학교 연극영화학과(明知大学演劇映画学科)
職業: 俳優
事務所: EUMコンテンツ 
ウェブサイト: 韓国公式サイト ファンカフェ 
デビュー: 『涙』(2000)
出演ドラマ:
『屋根部屋のネコ』、『ノンストップ4』(2003)、『波乱万丈~Missキムの10億作り~』、『漢江ブルース』、『漢江ブルース』(2004)、『ワーキングママ~愛の方程式』(2008)、『個人の趣向』(2010)
『心配しないでください、幽霊です』(2012)
出演映画:
『涙』(2000)、『ジャングル・ジュース』(2001)、『品行ゼロ』(2002)、『チューブ』(2003)、『オーマイDJ』、『20のアイデンティティ』(2004)

『ユゴ 大統領有故』、『クォンシクの弟クァンテ』(2005)、『サンデー・ソウル』、『放課後の屋上』、『家族の誕生』、『愛情欠乏が二人の男に与える影響』(2006)

『二つの顔の彼女』(2007)、『カルジギ』(2008)、『青春とビート、そして秘密のビデオ』(2012)、『ミナ文具店』(2013)
経歴と略歴:
ポン・テギュは、美大に入学するために浪人していたときに、映画『涙』の助監督チェ・ドンフンにスカウトされデビュー。ドラマ『屋根部屋のネコ』やシットコム『ノンストップ4』などで確実にキャリアを積む。俳優としての活動のほかにもバラエティーやミュージックビデオにも出演。コミカルな演技に定評がある。

2008年の『ワーキング・ママ』でドラマ初主演となり、ヨム・ジョンアと共演。2010年には『個人の趣向』、しばらく間をあけて2012年には『心配しないでください、幽霊です』に出演した。椎間板ヘルニアにより軍隊は免除。芸能活動とともにビジネスとしてファッション事業も行っている。

プライベートでは、映画で共演した女優のイ・ウン이은)と長らく交際しており芸能界公認のカップルだったが破局。2015年には2歳年下の女性写真作家と結婚式を挙げ、交際3ヶ月というスピード婚となった。
  
印刷する
Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
当サイトに関してお問合せ
Copyright(C) 2020 kpedia.jp All Rights Reserved.