최철호の意味:チェ・チョルホ
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム
チェ・チョルホ
名前: チェ・チョルホ (ちぇ・ちょるほ、崔哲浩、Choi Chul ho)
ハングル表記: 최철호 (チェ・チョルホ)
生年月日: 1970年 3月 20日
身長/体重: 182cm
学歴: 대일외국어고등학교 졸업(大一外国語高等学校卒業)
職業: 俳優
事務所: オフィス・ゼロ 
出演ドラマ:
『約束』『お父さんと息子』(1999)、『黄金時代』(2000)、『野人時代』(2002)、『張吉山 チャン・ギルサン』、『不滅の李舜臣』(2004)、『秘密の校庭』、『大祚榮』(2006)、

『僕の妻はスーパーウーマン』『熱血商売人』『トンイ』(2010)、『ヒーロー』(2012)、『ラブ・アゲイン症候群』『スキャンダル』(2013)

『感激時代~闘神の時代』『ずる賢いバツイチ女』『炎のなかで』『朝鮮ガンマン』(2014)
出演映画:
『接続』(1997)、『静かな家族』(1998)、『カラ』(1999)、『総合病院 The Movie』(2000)、『覗き』(2001)、『愛するときに話すこと』(2006)、『世界で最も美しいピクニック』(2010)
経歴と略歴:
チェ・チョロは、1990年の演劇でデビュー。1997年ごろからドラマにも出演するようになり、映画では2000年の『総合病院 The Movie』で主演を演じる。2000年代に入ってからはドラマ『野人時代』や、『不滅の李舜臣』など時代劇ドラマに数多く出演し、顔を知られる存在になっていた。

2005年にはミスコリア忠南のキム・ヘスクと結婚。彼が大きくブレイクを遂げたのは、2009年の人気ドラマ『僕の妻はスーパーウーマン』で、この作品ではメインキャストを務めた。

その後2011年のドラマ『トンイ』では出演期間中に、後輩に暴行を加えたことが公になり、活動自粛に追い込まれしばらくのあいだボランティア活動などを行った。『ラブ・アゲイン症候群』で復帰し、その後数々の作品に出演している。
  
印刷する
Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
当サイトに関してお問合せ
Copyright(C) 2020 kpedia.jp All Rights Reserved.