권율の意味:クォン・ユル
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム
クォン・ユル
名前: クォン・ユル (くぉんゆる、權慄、Kwon Yul)
ハングル表記: 권율 (クォン・ユル)
本名: クォン・セイン (권세인、Kwon Se In)
生年月日: 1982年 6月 29日
身長/体重: 181cm
学歴: 중앙대학교 연극학과(中央大学演劇学科)
職業: 俳優
事務所: SARAM ENTERTAINMENT 
ウェブサイト: 韓国公式サイト Facebook 
デビュー: ドラマ『走れサバ!』(2007)
出演ドラマ:
『走れサバ!』(2007)、『大王世宗(テワンセジョン)』、『ワーキングママ』(2008)、『お嬢さまをお願い!』(2009)、『私に嘘をついてみて』(2011)

『ブレイン 愛と野望』『What's UP(ワッツ・アップ』(2011)、『普通の恋愛』(2012)、『ドラマスペシャル・モンスター』(2012)、『優雅な女~スキャンダルな家族~』(2013)、『天使の罠』(2014)
出演映画:
『ビースティ・ボーイズ』(2008)、『私のチンピラな彼氏』(2010)、『悪いやつら』(2011)、『嘆きのピエタ』(2012)、『イントゥギ』(2012)、『神の贈り物』(2013)、『鳴梁』(2014)、『未成年』(2014)
経歴と略歴:
クォン・ユルは、クォン・セインとして活動していたが、2012年に改名。中央大学演劇学科ではヒョンビンと同期だった。当初は演劇などに出演しながら活動していたが、兵役を終えたあとの2007年にドラマ『走れサバ!』でデビュー、この作品ではメインキャストを務めた。イケメン俳優としてのイメージも強いが、安定感のある演技で活躍する。

その後映画『ビースティ・ボーイズ』をはじめ、様々な作品に出演。彼がブレイクを遂げたのは、2011年の『ブレイン 愛の野望』では、医師役として出演。2012年のキム・ギドク映画『嘆きのピエタ』でなギターをひく男を演じた。父は政治家であることも明らかになっている。
  
印刷する
Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
当サイトに関してお問合せ
Copyright(C) 2021 kpedia.jp All Rights Reserved.