조여정の意味:チョ・ヨジョン
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム  > 芸能 > 韓国俳優・女優
チョ・ヨジョン
名前: チョ・ヨジョン (ちょ・よじょん、Jo Yeo Jeong)
ハングル表記: 조여정 (チョ・ヨジョン)
生年月日: 1981年 2月 10日
身長/体重: 163cm
血液型: AB
職業: 女優
事務所: ネオスエンターテインメント 
ウェブサイト: Twitter Instagram Cyworld 
デビュー: 雑誌『Ceci』モデル(1997)
出演ドラマ:
『私、どう』(1999)、『金家の最終戦争』(1999)、『人の気も知らないで』(1999)、『トギ』(2-000)、『野人時代』(2002)、『張禧嬪-チャン・ヒビン』(2002)、『太陽の南側』(2003)、『愛情の条件』(2004)、『どれだけ好きなの』(2006)

『生保Gメン'08~ライフ特別調査チーム』(2008)、『家へ帰る道』、『伝説の故郷』(2009)、『ロマンスが必要』(2011)、『海雲台の恋愛たち』『離婚弁護士は恋愛中』(2015)
出演映画:
『パーフェクトマッチ』『吸血刑事ナ・ドヨル』(2006)、『吸血刑事ナ・ドヨル2』(2010)、『後宮の秘密』(2012)、『標的』(2014)、『情愛中毒』(2014)
経歴と略歴:
チョ・ヨジョンは、1997年の雑誌『Ceci』モデルとしてデビュー。1999年から女優としてドラマ出演し、その後2002年ごろから出演作が増えた。『フンブの家運が開けたね』では、キム・テヒらとともに出演。2004年『愛情の条件』では、悪女だが憎めない宝石デザイナー役を演じ、脇役ながらも存在感を示した。2006年のドラマ『どれだけ好きなの』で初主演を演じ注目を集める。その後演技力でも評価を受けている。

近年は映画への出演が多いが、2013年には『後宮の秘密』では露出シーンを演じ、2014年には『標的』『情愛中毒』の2本の映画に出演した。30歳代になってもモデルへの抜擢は多く、2015年にもファッショングラビアを公開。ドラマ『離婚弁護士は恋愛中』で弁護士役として出演した。
< 前   次 >
印刷する

韓国俳優・女優関連の韓国語

  • 김희선(キム・ヒソン)
  • 임은경(イム・ウンギョン)
  • 권율(クォン・ユル)
  • 문근영(ムン・グニョン)
  • 하리스(ハリス)
  • 천이슬(チョン・イスル)
  • 윤지민(ユン・ジミン)
  • 김꽃비(キム・コッピ)
  • 이범수(イ・ボムス)
  • 안성기(アン・ソンギ)
  • 이보영(イ・ボヨン)
  • 오승현(オ・スンヒョン)
  • 강성연(カン・ソンヨン)
  • 전지현(チョン・ジヒョン)
  • 윤은혜(ユン・ウネ)
  • 지창욱(チ・チャンウク)
  • 오타니료헤이(大谷亮平)
  • 오지은(オ・ジウン)
  • 김선아(キム・ソナ)
  • 왕지원(ワン・ジウォン)
  • <一覧を見る>
    芸能
  • 韓国芸能一般
  • 韓国俳優・女優
  • K-POP歌手
  • K-POP用語
  • 韓国ドラマ用語
  • 韓国ドラマ作品
  • TV 番組
  • 芸能事務所
  • コンサート
  • ファンミ
  • ミュージカル
  • 映画用語
  • 時代劇用語
  • 日本作品
  • Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
    当サイトに関してお問合せ
    Copyright(C) 2019 kpedia.jp All Rights Reserved.