빅뱅の意味:BIGBANG
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム  > 芸能 > K-POP歌手K-POP用語
BIGBANG
名前: BIGBANG (びっくばん)
ハングル表記: 빅뱅 (ビッベン)
事務所: YGエンターテインメント 
デビュー: 2006年
受賞: Mnetアジアミュージックアワード、KOREAN MUSIC AWARDS 他多数
主な歌:
《韓国》
『We belong Together』(2006)、『嘘(거짓말)』(2007)、
『最後の挨拶(마지막인사)』(2007)、『How Gee』(2008)

《日本》
『MY HEAVEN』(2009)、『声をきかせて』(2009)
『Tell Me Goodbye』(2010)、
『TONIGHT』(2011年)、『BLUE』(2012)
アルバム:
《韓国》
『BIGBANG Vol.1』(2006)、『Remember(2008)』、
『Heartbreaker』(2009)、『Solar(2010)』、
『Solar (International Release Album) 』 (2010)、
『THE FIRST ALBUM』(2010)、『Coup D'etat』(2013)

《日本》
『BIGBANG』(2009)、『ASIA BEST 2006-2009』(2009)、
『BIGBANG 2』(2010)、『THE BEST OF BIGBANG『ALIVE』』(2011)
『ALIVE -MONSTER EDITION-』(2012)
経歴と略歴:
2006年にデビューしたBIGBANG(ビックバン)。リーダーのG-DRAGONを中心に個性あふれるメンバーがそろう、5人組のダンスグループ。中国、台湾、日本などアジア各国で活躍するほか、アメリカやヨーロッパでも人気を集めている。「宇宙創始の大爆発」の名のごとく、デビュー以来数々のヒット曲を生み出してきた。アイドルというよりもむしろアーティスト性が高く、イベントや楽曲のプロデュースをみずから行っている。2009年には日本でシングルデビューを果たし、当初からオリコン3位にランクイン。その後も注目度が衰えず、日本市場でも韓流スターとしての地位を築き上げた。東方神起(동방신기)とともに、男性K-POPグループを代表する存在だ。
< 前   次 >
印刷する

K-POP歌手関連の韓国語

  • 크리스탈(クリスタル)
  • 김기범(キム・キボム)
  • 소희(ソヒ)
  • 크로스진(CROSS GENE)
  • 닉쿤(ニックン)
  • 카라(KARA)
  • 동방신기(東方神起)
  • 전진(チョンジン)
  • 성제(ソンジェ)
  • 시크릿(Secret)
  • 에릭(エリック(SHINHWA))
  • 이정현(イ・ジョンヒョン)
  • 두개월(トゥゲウォル)
  • 김현주(キム・ヒョンジュ)
  • 가희(カヒ)
  • 엑시드(EXID)
  • 김예림(キム・イェリム)
  • 나인뮤지스(Nine Muses)
  • 타쿠야(TAKUYA(CROSS G..
  • 창민(チャンミン)
  • <一覧を見る>
    芸能
  • 韓国芸能一般
  • 韓国俳優・女優
  • K-POP歌手
  • K-POP用語
  • 韓国ドラマ用語
  • 韓国ドラマ作品
  • TV 番組
  • 芸能事務所
  • コンサート
  • ファンミ
  • ミュージカル
  • 映画用語
  • 時代劇用語
  • 日本作品
  • Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
    当サイトに関してお問合せ
    Copyright(C) 2020 kpedia.jp All Rights Reserved.