성차별の意味:性差別
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム  > 社会 > 社会問題韓国語能力試験3・4級
性差別
韓国は日本同様に性役割意識が強い社会である。朝鮮時代から続く儒教の影響で「男女有別」という考えが根強く残っていることも一つの理由とされる。現代では職場内でも男女差別が問題視される。男性の場合は労力の大きい仕事が多いことや、長時間労働への不満を持つが、女性は業務のなかで雑用が多く、昇進や待遇に不利益が生じることなどを差別として考える傾向にある。一方で、韓国では韓国初の宇宙飛行士が女性であったり、女性の政界進出が進んだり、女性大統領が誕生したりと、女性の社会進出も注目される。
読み方 성차별、sŏng-cha-byŏl、ソンチャビョル
漢字 性差別
例文・会話
회사에서는 보이지 않는 성차별이 있다.
会社には見えない性差別がある。
아직까지도 사회에는 성차별이 뿌리 깊게 남아 있다.
いまだに社会には性差別が根強く残っている。
< 前   次 >
印刷する

社会問題関連の韓国語

  • 촛불 집회(ろうそく集会)
  • 사회(社会)
  • 취집(就職ではなく結婚を選ぶこと)
  • 탈레반(タリバン)
  • 시사문제(時事問題)
  • 인종 차별(人種差別)
  • 열정페이(熱情ペイ)
  • 기아(飢餓)
  • 궐기대회(決起大会)
  • 일베충(イルベチュン)
  • 대자보(大字報)
  • 지역감정(地域感情)
  • 일자리 대책(雇用対策)
  • 재능 기부(才能寄付)
  • 종군 위안부(従軍慰安婦)
  • 묻지마 입사 지원(無差別的な入社志..
  • 땅콩 회항(ナッツリターン)
  • 나일롱환자(偽装患者)
  • 정보 유출(情報流出)
  • 신용불량자(債務不履行者)
  • <一覧を見る>
    社会
  • 新語・流行語
  • 俗語・若者言葉
  • 略語
  • 祝祭日・記念日
  • 文化と風習
  • 伝統文化
  • サブカルチャー
  • 社会問題
  • 軍事
  • 福祉
  • 法律
  • 新聞・雑誌
  • 放送
  • 政治
  • 行政
  • 国際関係
  • 歴史
  • 宗教
  • 日本文化
  • Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
    当サイトに関してお問合せ
    Copyright(C) 2020 kpedia.jp All Rights Reserved.