동물の意味:動物
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム  > 自然 > 動物名詞韓国語能力試験1・2級
動物
読み方 동물、tong-mul、トンムル
漢字 動物
例文・会話
인간은 사회적인 동물이다.
人間は社会的な動物である。
만약 동물이 되어야 한다면 당신은 무엇을 선택할 건가요?
もし動物にならなければならないとしたら、あなたは何を選びますか。
그녀는 귀여운 동물이나 희귀한 동물을 보면 흥분한다.
彼女はかわいい動物や、珍しい動物を見ると興奮する。
야생 동물에 의한 농가의 피해가 멈추지 않는다.
野生動物による農家の被害が止まらない。
야생 동물은 험난한 자연계 속에서 자력으로 생존해 자손을 남기며 진화하고 있다.
野生動物は、厳しい自然界の中で、自力で生き延び子孫を残して進化を続けています。
모든 동물과 식물은 물이 없으면 살아갈 수 없다.
全ての動物・植物は、水がなければ生きて行けない。
언어야말로 동물과 인간을 다르게 하는 훌륭한 발명이다.
言語こそ動物と人間を違える優れた発明である。
척수는 동물의 신체를 중력으로부터 지탱하는 역할을 가지고 있다.
脊椎は、動物の身体を重力から支える役割を持っている。
사람보다 동물을 대하는 게 마음이 편해요.
人よりも動物を相手にする方が気が楽です。
애완동물은 사람들의 정서를 안정시켜주는 역할을 한다.
ペットは、人々の情緒を安定させる役割をする。
저명한 동물 학자인 그녀는 사회적인 발언도 종종 합니다.
著名な動物学者である彼女は、しばしば社会的発言もします。
애완동물을 키우면 마음의 위로가 돼요.
ペットを飼っていると心が癒されます。
동물의 이상한 행동이 대지진의 전조로 보여지는 경우가 있다.
動物の異常行動が大地震の前触れとしてみられる場合がある。
애완동물은 또 하나의 가족이자 친구입니다.
ペットは猫はもうひとつの家族であり友達です。
공원에서 버림받은 애완동물을 집에 데려 왔어요.
公園で捨てられたペットを家に連れてきました。
요즘은 애완동물 키운는 게 붐이예요.
最近はペットを育てるのがブームです。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
동물원(トンムロォン) 動物
절지동물(チョルッチドンムル) 節足動物
선형동물(ソンヒョンドンムル) 線形動物、円形動物
연체동물(ヨンチェドンムル) 軟体動物
반려동물(パルリョドンムル) ペット、コンパニオンアニマル、伴侶動物
동물병원(トンムルビョンウォン) 動物病院
애완동물(エワンドンムル) ペット、愛玩動物
반추 동물() 反芻動物
동물 실험(トンムル シルホム) 動物実験
항온 동물(ハンオンドンムル) 恒温動物
변온 동물(ピョノンドンムル) 変温動物
야생 동물(ヤセンドンムル) 野生動物
동물 학대(トンムルハクテ) 動物虐待
육식 동물(ユクッシクットンムル) 肉食動物
초식 동물(チョシクトンムル) 草食動物
잡식 동물(チャプシクトンムル) 混食動物
동물 애호가(トンムレホガ) 動物愛好家
동물적 본능(トンムルチョク ポンヌン) 動物的本能
어미(동물)(オミ) 子を産んだ雌
애완동물 가게(エワンドンムルカゲ) ペットショップ
동물성 플랑크톤(トンムルソン プルランクトン) 動物性プランクトン
멸종 위기 동물(ミョルチョン ウィギ トンムル) 絶滅危慎動物、希少動物
야생 동물 보호(ヤセントンムルポホ) 野生動物保護
애완동물을 기르다(エワントンムルルキルダ) ペットを飼う
< 前   次 >
印刷する

動物関連の韓国語

  • 고릴라(ゴリラ)
  • 당나귀(ロバ)
  • 어미(동물)(子を産んだ雌)
  • 암퇘지(雌豚)
  • 볏(トサカ)
  • 새끼 양(子羊)
  • 종(種)
  • 반달곰(月の輪ぐま)
  • 먹이(餌)
  • 익룡(翼竜)
  • 바둑이(ぶち犬)
  • 숫염소(雄のヤギ)
  • 바다거북(ウミガメ)
  • 반려견(ペットの犬)
  • 악마견(悪魔犬)
  • 귀소 본능(帰巣本能)
  • 수캐(犬の雄)
  • 황소(大きい雄牛)
  • 북극곰(北極ぐま)
  • 하이에나(ハイエナ)
  • <一覧を見る>
    自然
  • 天気
  • 環境
  • 宇宙
  • 自然
  • 動物
  • 両生類・爬虫類
  • 虫・昆虫
  • 資源
  • 地理・地形
  • Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
    当サイトに関してお問合せ
    Copyright(C) 2021 kpedia.jp All Rights Reserved.