국민참여재판제도の意味:裁判員制度
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム  > 社会 > 法律名詞韓国語能力試験5・6級
裁判員制度
「국민참여재판제도」とは、韓国で2008年1月から始まった裁判員制度で、二十歳以上の市民が刑事裁判に参加して、裁判官と一緒に、有罪・無罪を判断し、有罪の場合は言い渡す刑罰を決める制度。
読み方 궁민차며재판제도、クンミンチャミョジェパンジェド
漢字 国民参与裁判制度(國民參與裁判制度)
< 前   次 >
印刷する

法律関連の韓国語

  • 죄목(罪目)
  • 전관예우(前官礼遇)
  • 법과 대학(法学部)
  • 인민재판(人民裁判)
  • 법(法)
  • 대법관(最高裁判所の裁判官)
  • 로스쿨(ロースクール)
  • 고등법원(高等裁判所)
  • 개정안(改訂案)
  • 뇌물 수수(贈収賄)
  • 징벌하다(懲罰する)
  • 피의자(被疑者)
  • 기소하다(起訴する)
  • 신탁(信託)
  • 재판소(裁判所)
  • 위증(偽証)
  • 법제화(法制化)
  • 재심(再審)
  • 양형(量刑)
  • 공증인(公証人)
  • <一覧を見る>
    社会
  • 新語・流行語
  • 俗語・若者言葉
  • 略語
  • 祝祭日・記念日
  • 文化と風習
  • 伝統文化
  • サブカルチャー
  • 社会問題
  • 軍事
  • 福祉
  • 法律
  • 新聞・雑誌
  • 放送
  • 政治
  • 行政
  • 国際関係
  • 歴史
  • 宗教
  • 日本文化
  • Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
    当サイトに関してお問合せ
    Copyright(C) 2020 kpedia.jp All Rights Reserved.