열두 시の意味:12時
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム  > 基本単語 > 時間名詞韓国語能力試験1・2級
12時
読み方 열뚜 시、yŏl-ttu-shi、ヨルトゥシ
漢字 ~時
例文・会話
시험 때문에 매일 열두 시 반에 자요
受験のために毎日12時半に寝ます。
열두 시가 되면 MBC 라디오의 '정오의 희망곡'을 즐겨 들어요.
お昼12時になると、MBCラジオ局の「正午の希望曲」よく聴きます。
열두 시를 정오라 부릅니다.
昼の12時を「正午」といいます。
오후 열두 시부터 네 시 반까지는 일 안 해요.
午後12時から4時半までは仕事をしません。
< 前   次 >
印刷する

時間関連の韓国語

  • 언제쯤(いつごろ)
  • 한 시간(一時間)
  • 초저녁(夕暮れ)
  • 단기(短期)
  • 초(初め)
  • 옛적(昔)
  • 순간(瞬間)
  • 네 시(4時)
  • 일곱 시(7時)
  • 한나절(半日)
  • 시계(時計)
  • 시간(時間)
  • 하루 종일(一日中)
  • 장기(長期)
  • 수(数~)
  • 오전(午前)
  • 평시(平時)
  • 시간대(時間帯)
  • 해 질 녘(夕暮れ)
  • 사십 분(40分)
  • <一覧を見る>
    基本単語
  • 模様
  • 図形
  • 大きさ
  • 状態・様子
  • 感覚
  • 数字の単位
  • 順番
  • 方向と位置
  • 時間
  • お金
  • 曜日と日にち
  • 季節と年月
  • Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
    当サイトに関してお問合せ
    Copyright(C) 2020 kpedia.jp All Rights Reserved.