미존の意味:途方もなく存在感が大きい
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム  > 社会 > 新語・流行語韓国芸能一般
途方もなく存在感が大きい
미존(ミジョン)は「途方もなく存在感が大きい」という意味。미친 존재감の略である。釜山出身のコメディアンであるチョン・ヒョンドン(정형돈)のことをいう。フルで言うならば「狂った存在感、開花洞のオレンジ族(미친 존재감 개화동 오렌지족)」のことで、チョン・ヒョンドンのことを미존개요(ミジョンゲヨ)という。開花洞は地名で、オレンジ族(오랜지족)は90年代にソウル・狎鴎亭(압구정)で経済力を武器にブランド品を持ち、高級車に乗り回した若い世代の人のこと。
読み方 미존、mi-jon、ミジョン
< 前   次 >
印刷する

新語・流行語関連の韓国語

  • 옴므파탈(オム・ファタール)
  • 알박기(場所は長く占める行為)
  • 일베(イルベ)
  • 호감형(好意的な雰囲気)
  • 삼팔선(38才で退職)
  • NG족(NG族)
  • 올인(全てを賭けること)
  • 웰빙족(ウェルビーン族)
  • 육이오(62才まで仕事すると敵)
  • 학파라치(学パラッチ)
  • 쿡방(料理番組)
  • 흙수저(泥スプーン)
  • 삼태백(30代大半が無職)
  • 하트 앞머리(ハート前髪)
  • 자뻑(ナルシズム)
  • 고고씽(レッツゴー)
  • 찰러리맨(親に頼るサラリーマン)
  • 지못미(守れなくてごめん)
  • 개념남(常識ある男)
  • 녹색관광(環境や地域に配慮する観光)
  • <一覧を見る>
    社会
  • 新語・流行語
  • 俗語・若者言葉
  • 略語
  • 祝祭日・記念日
  • 文化と風習
  • 伝統文化
  • サブカルチャー
  • 社会問題
  • 軍事
  • 福祉
  • 法律
  • 新聞・雑誌
  • 放送
  • 政治
  • 行政
  • 国際関係
  • 歴史
  • 宗教
  • 日本文化
  • Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
    当サイトに関してお問合せ
    Copyright(C) 2020 kpedia.jp All Rights Reserved.