감とは:「柿」は韓国語で「감 」という。
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム  > グルメ > 果物名詞韓国語能力試験1・2級
意味 柿、かき
読み方 감、kam、カム
類義語
「柿」は韓国語で「감」という。단감(甘柿・硬い柿)、연시(軟柿・柔らかい柿)、홍시(熟柿)

「柿」の韓国語「감」を使った例文
은 가을 과일입니다.
柿は秋の果物です。
에는 어떤 효과나 효능이 있습니까?
柿にはどんな効果・効能がありますか?
은 떫은 맛이 납니다.
柿は渋い味がします。
저건 과수원입니다.
あれは柿の果樹園です。
은 비타민C와 식유섬유 등이 많이 포함된 영양 만점의 과일입니다.
柿は、ビタミンCや食物繊維などを多く含んだ栄養満点の果物です。
가을이 되면 나무에 이 주렁주렁 열려요.
秋の季節になると、柿の木がたわわに実ります。
어머니가 신선한 을 따서 우리에게 나누어 주셨어요.
母が新鮮な柿を取ってきて、私たちに分けてくれました。
은 영양가가 높고 비타민과 미네랄이 풍부합니다.
柿は栄養価が高く、ビタミンやミネラルが豊富です。
그들은 으로 맛있는 잼을 만들기도 합니다.
彼らは柿を使っておいしいジャムを作ります。
이 익으면 은 선명한 주황색으로 변한다.
柿の実が熟すと、鮮やかなオレンジ色になります。
은 가을의 과일로 알려져 있습니다.
柿は秋の果物として知られています。
우리는 열매를 말려서 간식으로 먹어요.
私たちは柿の実を乾燥させておやつにします。
껍질에 함유된 식이섬유는 소화를 돕습니다.
柿の皮に含まれる食物繊維は消化を助けます。
그녀는 을 잘라서 샐러드에 넣었어요.
彼女は柿の実を切って、サラダに加えました。
나는 을 잘라서 요구르트에 얹어 먹었어요.
私は柿の実をカットして、ヨーグルトにトッピングしました。
이 계절에는 이 집집마다 마당에 많이 열려요.
この季節、柿が家庭の庭先でたくさん実ります。
을 먹을 때는 씨와 심을 제거한 후 먹어요.
柿を食べるときは、種や芯を取り除いてから食べます。
「柿」の韓国語「감」が含まれる単語と表現
韓国語(発音) 日本語
정(カムジョン) 鑑定
촉(カムチョク) 感触
안(カマン) 勘案
수(カムス) 感受
상(カムサン) 感傷
방(カムバン) 監房、牢屋、刑務所
미(カムミ) 甘味
당(カムダン) 十分に果たすこと、やり遂げること、物事を上手くやり遂げること
량(カムリャン) 減量
금(カムグム) 監禁
동(カムドン) 感動
탄(カムタン) 感嘆、感歎
(タンガム) 、硬い
원(カムォン) 減員、人員削減
회(カムフェ) 感慨、感懐
흥(カムフン) 感興、興味
(ヨンガム) 老夫婦の妻が夫を呼ぶときの尊敬語、年老いた男性の尊敬語、家柄のいい人を敬って言う語
투(カントゥ) 官職、冠
면(カンミョン) 減免
(フェッカム) 刺身のネタ
식(カムシク) 鑑識
(シルガム) 実感
전(カムジョン) 感電
(チョッカム) 触感
시(カムシ) 監視
다(カムッタ) 髪を洗う
(チェガム) 体感
독(カムドク) 監督
(コッカム) 干し
다(カムッタ) つむる、閉じる
(スガム) 収監
염(カミョム) 感染
도(カムド) 感度
언(カモン) 甘言、甘い言葉
점(カムチョム) 減点
(ホガム) 好感
수(カムス) 監修
명(カムミョン) 感銘
(キョガム) 教頭、副校長、教頭先生
세(カムセ) 減税
   次 >
印刷する

果物関連の韓国語

  • 자몽(グレープフルーツ)
  • 마르멜로(マルメロ)
  • 과일(果物)
  • 아보카도(アボカド)
  • 거봉(巨峰)
  • 건포도(レーズン)
  • 홍시(熟柿)
  • 키위(キウィ)
  • 망고(マンゴー)
  • 한라봉(済州みかん)
  • 쭉정이(しいな)
  • 멜론(メロン)
  • 곶감(干し柿)
  • 매실(梅)
  • 밀감(みかん)
  • 오렌지(オレンジ)
  • 파인애플(パイナップル)
  • 과즙(果汁)
  • 두리안(ドリアン)
  • 살구(あんず)
  • <一覧を見る>
    グルメ
  • 料理
  • 食品・食材
  • キッチン用品
  • 味・食感
  • 韓国料理
  • 世界の料理
  • 食事
  • 飲食店
  • 飲み物
  • 野菜
  • 果物
  • 肉類
  • スイーツ
  • Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、フレーズ、韓国語能力試験によく出る表現等をまとめた韓国語辞書です。
    プライバシーポリシーお問合せ当サイトに関して
    Copyright(C) 2024 kpedia.jp All Rights Reserved.