태풍の意味:台風
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム  > 自然 > 天気名詞韓国語能力試験1・2級
台風
台風の名前は、台風委員会に加盟する各国(2014年現在、全15か国)が提案した名前を発生順に決める。動物や人、山、花などの140個の名称があらかじめ決められており、台風が発生した順にその名前を台風に命名する。韓国語で名付けられる台風の名前は、アリを意味する「ケミ(개미)」、ツバメの「チェビ(제비)」、百合の「ナリ(나리)」、タヌキの「ノグリ(너구리)」やバラの「チャンミ(장미)」、白鳥の「ゴニ(고니)」、龍が住む川(天の川)の「ミリネ(미리내)」、ナマズの「メギ(메기)」、ノロジカの「ノル(노루)」、ワシの「トクスリ(독수리)」がある。
読み方 태풍、tae-pung、テプン
漢字 台風(颱風)
例文・会話
태풍이 지나가면 기온이 오른다.
台風が過ぎると気温が上がる。
강한 바람을 동반한 태풍이 접근 중 입니다.
強い風を伴う台風が接近中です。
이번 달에 들어 4개의 태풍이 연달아 발생하고 있습니다.
今月に入って4つの台風が立て続けに発生しています。
올 여름은 태풍이 적을 것이라고 한다.
今年の夏は台風が少ないと言われている。
태풍의 영향으로 전철이 멈추어 발이 묶이거나 부상자가 나오거나 많은 사람의 생활에도 지장을 초래하고 있다.
台風の影響で、電車が止まって足止めされたり、けが人が出たり、多くの人の生活にも支障をきたしています。
태풍이 접근 중에는 불필요한 외출을 삼가고, 위험한 장소에 가지 않토록 합시다.
台風接近中は不要な外出は控え、危険な場所へは近づかないようにしましょう。
시내를 통과했던 태풍에 의한 침수 피해가 컸다.
市内を通過した台風による浸水被害が大きかった。
태풍 피해가 이어지고 있다.
台風の被害が相次いでいる。
태풍 4호는 아침에 제주도에 상륙할 것으로 예상되며 그 후에 부산을 통과할 전망입니다.
台風4号は朝に済州島に上陸する予想で、その後は釜山を通過する見通しです。
台風と風の向きの原理は簡単です。
태풍과 풍향의 원리는 간단합니다.
태풍에 의한 손해를 보상하는 손해보험입니다.
台風による損害を補償する損害保険です。
태풍으로 지붕이나 기와가 날라갔다.
台風で屋根や瓦が飛ばされた。
주문한 제품의 배송이 태풍으로 지연되고 있다.
注文した製品の配送が台風で遅れている。
태풍은 예상했던 진로보다 약간 북쪽을 지나겠습니다.
台風は、予想していた進路よりやや北を通るでしょう。
태풍 다음 날은 왜 날씨가 매우 좋을까요?
台風の翌日はなぜ天気がとても良いのでしょうか?
봄에서 가을에 걸쳐 봄비, 장마, 게릴라 호우, 태풍, 가을비 등 강수량이 많은 시기입니다.
春から秋にかけて春雨、梅雨、ゲリラ豪雨、台風、秋雨など降水量の多い時期です。
태풍으로 인해 많은 피해가 났다.
台風によって多くの被害が出た。
근래에 집중 호우나 태풍 등에 의한 피해가 계속 발생하고 있다.
近年、集中豪雨や台風等による被害が相次いで発生している。
태풍 재해로 입은 피해를 복구하다.
台風の災害により受けた被害を復旧する。
올해는 태풍으로 심한 피해를 입었다.
今年は台風で甚だしい被害をうけた。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
찻잔 속 태풍(チャッジャン ソッテプン) 湯呑茶碗の中の台風
< 前   次 >
印刷する

天気関連の韓国語

  • 이슬(露)
  • 서릿발(霜柱)
  • 고드름(つらら)
  • 기상 캐스터(お天気キャスター)
  • 비가 그치다(雨がやむ)
  • 개화 예상(開花予想)
  • 습도(湿度)
  • 일조량(日照量)
  • 소낙비(にわか雨)
  • 궂은비(しとしとと降り続く長雨)
  • 동장군(冬将軍)
  • 훈훈하다(気持ちよく暖かい)
  • 밤안개(夜霧)
  • 쨍쨍(じりじり)
  • 열대야(熱帯夜)
  • 평균 기온(平均気温)
  • 가시나(女の子)
  • 화씨(華氏)
  • 밤공기(夜気)
  • 다습하다(多湿だ)
  • <一覧を見る>
    自然
  • 天気
  • 環境
  • 宇宙
  • 自然
  • 動物
  • 両生類・爬虫類
  • 虫・昆虫
  • 資源
  • 地理・地形
  • Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
    当サイトに関してお問合せ
    Copyright(C) 2020 kpedia.jp All Rights Reserved.