찬밥 더운밥을 가릴 때가 아니다の意味:贅沢を言っている場合ではない、乞食の麦嫌い
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
贅沢を言っている場合ではない、乞食の麦嫌い
直訳すると「冷えたご飯(찬밥)か暖かいご飯(더운밥)を選ぶ」。冷えたご飯がよい、温かいご飯がよいとえり好みする状況を現しており、自身の置かれた立場や身分を顧みずに贅沢をいうことを意味する。日本語の「乞食の麦嫌い」に近い言葉である。
「のんびりしたり、贅沢している場合ではない」「とりあえず何でもやるべき、何かを早くやらなければ」という場面で用いられる言葉で、「冷や飯、熱い飯を選んでいる場合じゃない(찬밥 더운밥 가릴 때가 아니다.)」のように使われることが多い。
読み方 찬밥 더운바블 가릴 때가 아니다、チャンバプ トウンバブル カリルテガアニダ
例文・会話
찬밥 더운밥 가릴 때가 아니다.
冷や飯、熱い飯選ぶ時ではない。(ぜいたく言ってる場合じゃない)
< 前   次 >
印刷する

慣用句関連の韓国語

  • 그럴 수도 있다(ありうる)
  • 교단에 서다(先生になる)
  • 남부러울 게 없다(何不自由ない)
  • 흠을 잡다(あらを探す)
  • 가슴이 먹먹하다(胸が一杯になる)
  • 밴댕이 소갈머리(非常に狭くて浅い了..
  • 귀가 멀다(耳が遠い)
  • 자다가 봉창 두드리는 소리(突拍子..
  • 종잡을 수 없다(見当がつかない)
  • 떼(를) 쓰다(だだをこねる)
  • 우연이 겹치다(偶然が重なる)
  • 유혹에 지다(誘惑に負ける)
  • 얄짤 없다(容赦しない)
  • 가슴이 뜨겁다(胸が熱い)
  • 목청을 돋우다(大きな声を出す)
  • 머리를 숙이다(感動する)
  • 금(이) 가다(ひびが入る)
  • 날이 풀리다(暖かくなる)
  • 딱 잘라 말하다(断言する)
  • 일 년 열두 달(一年中)
  • <一覧を見る>
    表現と9品詞
  • 慣用句
  • 連語
  • 複合表現
  • よく使う表現
  • 四字熟語
  • ことわざ
  • 擬態語
  • 擬声語
  • 鳴き声
  • 名詞
  • 代名詞
  • 数詞
  • 冠形詞
  • 副詞
  • 助詞
  • 感嘆詞
  • 動詞
  • 形容詞
  • 符号・記号
  • 接辞
  • Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
    当サイトに関してお問合せ
    Copyright(C) 2021 kpedia.jp All Rights Reserved.