고기の意味:肉
韓国語辞書(ケイペディア)
韓国語辞書ケイペディア
カテゴリー ホーム  >  > 肉類名詞
「肉」は、韓国語で고기(コギ)。소고기(牛肉)、돼지고기(豚肉)、물고기(魚)
読み方 고기、ko-gi、コギ
類義語
例文・会話
고기를 굽다.
肉を焼く。
고기가 부드러워서 먹기가 좋다.
肉が柔らかくて食べやすい。
그물을 사용해 물고기를 잡다.
網を使って魚をとる。
고기가 그물에 걸리다.
魚が網にかかる。
그 선수는 10년 묵은 마라톤 한국최고기록을 갈아 치웠다.
あの選手は、10年間破られていないマラソンの韓国記録を塗り替えた。
고기 중에는 독을 가지고 있거나 만지면 아프거나 주의가 필요한 것이 있다.
魚の中には、毒を持っているとか、さわると痛いとか、注意の必要なものがいる。
통발은 물고기를 잡기 위한 어구의 하나입니다.
笯とは、魚を捕るための漁具の一つです。
멧돼지나 사슴 등의 야생동물의 고기나 내장을 생으로 먹지 마세요.
イノシシ、シカなどの野生動物のお肉や内臓も生で食べるのは、やめましょう
고기나 해산물을 생으로 먹다.
魚や海産物を生で食べる。
육류에는 닭고기, 돼지고기, 소고기 등이 있습니다.
肉類には鶏肉、豚肉、牛肉などがあります。
어패류란 물고기나 조개 등 수산물의 총칭을 말한다.
魚介類とは魚や貝など水産物の総称をいう。
공해란 어느 나라에도 속하지 않고, 누구라도 자유롭게 오가거나 고기를 잡거나 할 수 있는 바다입니다.
公海というのはどの国にも属さない、だれもが自由に行き来したり、魚をとったりできる海のことです。
複合語・連語表現・慣用句・ことわざなど
韓国語(発音) 日本語
고기(ムルッコギ)
고기(ケゴギ)
고기압(コギアプ) 高気圧
고기(センゴギ)
고기(マルゴギ)
고기(タクコギ)
고기(ヤンゴギ)
고기(ソゴギ)
고기(ナルコギ)
고기(プルコギ) プルコギ
오리고기(オリゴギ)
민물고기(ミンムルコギ) 淡水魚
돼지고기(トェジゴギ)
고기방(ムルコギバン) ネットカフェの俗称
다진 고기(タジンゴギ) ひき、メンチ
고래 고기(コレゴギ)
고기덮밥(ソゴギトッパプ) 牛丼
바닷물고기(パダンムルコギ) 海水魚
오삼불고기(オサムブルゴギ) イカとサムギョプサルの炒め物
고기자리(ムルゴギジャリ) うお座
돼지고기국(テジゴギクク) 豚汁
고기덮밥(セゴギトッパプ) 牛丼
고기감자조림(コギガムジャジョリム) じゃが
고기를 잡다(コギルル チャプッタ) 魚を取る、魚を釣る、漁に出る
고기 한 점(コギハンジョム) 一切れ
고기를 굽다(コギルルクプタ) を焼く
고기를 낚다(コギルルナクタ) 魚を釣る
고기가 익다(コギガ イッタ) が焼ける
물 만난 고기(マルマンナ ゴギ) 水を得た魚
고기 계란덮밥(タッコギ ケラントッパプ) 親子丼
고기 계란 덮밥(タッコギ ケラントプバプ) 玉子丼
물 만난 물고기처럼(ムルマンナン ムルコギチョロム) 水を得た魚のよう
중이 고기맛을 알다(コギマスルアルダ) の味を知る
까마귀 고기를 먹다(カマグィ コギルル モクタ) 忘れっぽい、忘れる
고기를 잘게 다지다(コギルルチャルプケ タジダ) を細かく刻む
놓친 고기가 더 크다(ノッチン コギガ トクダ) 逃した魚は大きい
< 前   次 >
印刷する

肉類関連の韓国語

  • 살라미(サラミ)
  • 닭똥집(砂肝)
  • 비계(脂身)
  • 양(ミノ)
  • 육포(ジャーキー)
  • 다진 고기(ひき肉)
  • 살점(肉片)
  • 고래 고기(鯨肉)
  • 차돌박이(牛肉のあばら肉)
  • 가슴살(ささみ)
  • 생고기(生肉)
  • 주물럭(味付け肉)
  • 염통(ハツ)
  • 영계(若鳥)
  • 소혀(牛タン)
  • 돼지 머리(豚の頭)
  • 생닭(生の鶏)
  • 육질(肉質)
  • 고기(肉)
  • 칠면조(七面鳥)
  • <一覧を見る>
  • 料理
  • 韓国料理
  • 日本料理
  • 洋食
  • 中華料理
  • その他料理
  • 厨房用品
  • 調理法
  • 調味料
  • 味の表現
  • 食事
  • 食品
  • 飲食店
  • 食料品店
  • 飲み物
  • お茶
  • 野菜
  • 果物
  • 肉類
  • 魚介類
  • 豆・卵・乳製品
  • お菓子・スイーツ
  • Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。
    当サイトに関してお問合せ
    Copyright(C) 2021 kpedia.jp All Rights Reserved.